東進こども英語塾のレッスンってどんな感じ?

東進こども塾レッスン

こどもが楽しみながら英語を学習することのできる環境として、東進こども英語塾が注目されていますが、実際にどのようなレッスンが行われているのでしょうか?
東進こども英語塾で実際に行われているレッスンの内容についてみていきましょう。

まず、東進こども英語塾のレッスンの特徴として、体やリズムをうまく活用して学習の定着を図っているところがあります。
人が何かを覚えようとするときに、ただ文字情報だけを覚えるのではなくて、リズムや音などを活用すると、それらの動きと記憶が紐づけされて、より大量の情報を覚えることができますよね。
通常の文章羅列では暗記するのが難しいのに対し、歌詞などは覚えることができるのはこのためです。
東進こども英語塾でもこの効果を活用して、リズムで発音を学ぶ「チャント」や、歌、ダンスなどを活用したカリキュラムになっています。

レッスンはITを駆使した授業が行われており、アニメ動画などが使用されます。
そのほか、ネイティブスピーカーの講師が生徒とやり取りを通じて、英語で話すことに慣れさせていくのです。
毎回、その日に学ぶレッスントピックを確認、ゲーム感覚で学習、そして最後に歌やダンスを使い、学んだことを体にしっかり定着させる。
こうした一連の流れを繰り返し行うことによって、こどもたちにとって英語を自然な存在にさせるのです。

また、最後には講師から宿題としてプリントを渡されて授業が終わります。
宿題は次回のレッスンで提出することになるため、学んだことの復習もでき、より知識の定着が図られます。
また、レッスンが終わるたびに自宅で新しい映像を見ることができるため、ネイティブスピーカーの発音による英語の「シャワー」をこどもたちが自然に浴びることができます。
終始一貫して「楽しい」という感覚を大事に、こどもたちが自然と学べる環境づくりがされていますね。

こどもが英語を学ぶのと大人が英語を学ぶのとでは意味合いは大きく違ってきます。
大人の場合は実践的な英語が求められますし、できるだけ素早くマスターしたいという思いがあるでしょう。
しかしこどもの場合は、実践力を身につけることよりも、まずは英語を好きになるということが大事になってきます。

東進ならではの素晴らしいレッスンを作り上げており、セサミストリートのキャラクターを使用した授業は本当にこどもたちに人気があります。
アニメや人形劇のようなスタイルでの英語学習にこどもたちは興味を持ってくれますし、楽しささえ感じてくれるでしょう。
もちろん楽しさを感じるだけではなくて、英語の知識が身に付いていきますし、知らず知らずの間に発音が良くなったり、英語を聞き取ることができる能力が身に付いているというケースもあるでしょう。
こどもは大人が思っている以上の勢いで物事を吸収しますが、それを活かすも殺すもレッスン方法次第です。
ですから東進こども英語塾で実践しているようなレッスン形態が望ましく、これを受けることによって英語に対して恐怖感を抱かないこどもが誕生することでしょう。

東進こども英語塾で行っている英語の授業というのは、日本的な方法ではなくて海外的な要素を取り入れている気がします。
先生が教えてこどもがそれを学ぶという方法というよりも、こどもがもっと積極的に授業に参加して学ぶといった方法のような気がします。
カリキュラムは非常によくできていますし、これはさすが東進!といった感じですね。

エンジョイしながら英語を吸収することができるというのは本当に素敵で素晴らしいことだと思いませんか?
東進こども英語塾は、こども向けの英語教育界において大きな存在感を発揮することは間違いありません。