東進こども英語塾のコース紹介

こども英語塾コース

幼児・子ども期に早期に英語を学習させることによって、将来の英語能力を飛躍的に高めることができます。
そんな効果を期待することができるのが、有名進学予備校東進ハイスクールが開設した東進こども英語塾ですが、具体的にはどんなコースがあり、どんなカリキュラムに沿って学習が行われているのでしょうか?
コースの分類、そしてその内容についてみていきたいと思います。

まず、コースの分類としては、大まかに分けて3種類あります。
それは、「幼児コース」、「小学生はじめてコース」、「小学生経験者コース」です。
幼児コースは、3歳から6歳までの幼稚園生相当年齢のこどもに対して英語に触れさせるコースであり、小学生はじめてコースは、はじめて英語に触れる小学生を対象としたコース、小学生経験者コースは、すでにある程度英語に触れた経験のある小学生を対象としています。

幼児コースは、まさにスポンジのように新しいことを吸収する年齢であることを活かし、英語が身近にある環境を作り出します。
セサミストリートなど、こどもが楽しむコンテンツを十分に活用し、楽しみながら英語に触れることを目的としています。
小学生はじめてコースは、発音を正確に学ぶことのできるフォニックスと呼ばれる学習法を活用し、英語圏の子どもたちとともに、正しい英語に触れていきます。
そして小学生経験者コースは、英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶ、ということをモットーに、ツールとしての英語を活用できるようにするための学習を行っていきます。

これが大まかに言って東進こども英語塾のコースとなっていますが、各コースの中も、年齢や習熟度によっていくつかのコースに分かれています。
例えば幼児コースであれば、3~4歳コース、4~5歳コース、5~6歳コースなどですね。
どんなこどもでも自分のレベルに応じて学ぶことができるようになっているようです。

東進こども英語塾では上記したように事細かにコース分けがされていますが、それを行う理由があるのです。
それはこどもによって進捗状況は異なりますし、少しの年齢の違いによって様々な点が異なってくるからです。
特に小さなこどもというのは、大人では考えられないようなペースで成長していきますから、それぞれのこどもに合ったコースを選択しなくてはいけません。

英語を完璧にしゃべることができる子に育ってほしいという親の願いのせいで、必要以上に難しいことを学ぶコースに入れられるケースもあったかもしれません。
しかし東進こども英語塾ではそれぞれの実力などに応じたコース分けが為されますので、こどもが英語を嫌いになるということも考えにくいでしょう。
それぞれのこどもたちにあったペースでしっかりと学ぶことができ、それは将来きっと生きてくるはずです。
まずは英語に対して親しみを覚えることが大事なのですが、東進こども英語塾が用意しているコースのおかげでそれは容易に行えることでしょう。

例えば小学生経験者コースを受講している生徒の場合だと、英語を使って英語以外の科目の勉強も行うことになるので、まるで海外の学校に留学したような気分になれ、一気に英語力が上達するでしょうね。

今まで日本の学校で行われていた英語教育というのはどちらかというと受け身な感じでしたが、東進こども英語塾では自ら英語を使用して様々な勉強をしたり考え事をしたりなどするので、かなり有用な学びが可能になるでしょう。

東進こども英語塾に自分のこどもを通わせたいと考えているのであれば、どのコースが良さそうなのか考えてあげてください。(もちろん教室側でも考慮してくれますが。)
東進こども英語塾は幼児向け英語教育に革命を起こしています。