東進こども英語塾ってなに?

東進英語選ばれる理由

グローバル化が進む社会に会って、小さいうちから英語を学ばせる重要性は日増しに高くなっています。
受験や就職試験においても英語の比重は高くなってきており、ますます日本人にとって英語は必須のものとなってくることでしょう。
しかし、最近では小学校で早期に英語教育を導入している学校もあるとはいえ、まだまだ日本人の英語能力は上がってきているわけではありません。
なぜ日本人は英語ができないのか?今の学校教育に足りないものは何なのか?
そんな視点から、幼児、子ども期の英語教育について考えてみましょう。

そもそも、なぜ日本人は中高と6年間英語を勉強しているにもかかわらず、英会話ができない人が多いのでしょうか?
それは、日本の英語教育はもともと海外の文献を翻訳する能力が重視されてきたこともあり、文法偏重主義だからです。
複雑な構文を翻訳させることはできても、コミュニケーションを流暢に行う勉強法にはなっていないということなんですね。
だからこそ、今の日本の英語教育にはコミュニケーション能力を育てる勉強法が求められているのです。

そんな中で幼児、子ども期に英語に触れさせるための方法として、東進こども英語塾がおすすめです。
東進こども英語塾は、大学受験で圧倒的な実績を誇る東進ハイスクールが開設した子ども向けの英語塾で、コミュニケーション能力を伸ばし、英語に対する苦手意識をなくすとともに、将来の教科としての「英語」にもつなげる能力を伸長させるカリキュラムになっています。

また、授業内容は子どもにもおなじみのセサミストリートを活用したものになっており、英語に触れたことがない子供でも、楽しみながら学習ができるようです。
また、「英語を学ぶ」ではなく、英語「で」学ぶというスタイルのため、より使えるツールとしての英語が身につくことでしょう。
今の日本人にはこうした英語塾こそ求められているのかもしれません。

東進こども英語塾の特徴は何と言っても楽しみながら英語に親しむことができるという点でしょうね。
英語が必要とされる時代ということもあり、小さな子どもに対する英語教育を行っている教室は多いのですが、楽しく行えている所は少ないように感じます。
しかし子どもとても敏感ですから、楽しさがないとすぐに飽きてしまい、結果的に英語に対して嫌悪感や苦手意識を抱く結果になるかもしれません。
それでは勿体ないですから、東進こども英語塾が注目されているのです。

東進こども英語塾ではセサミストリートが活用されているので、まずこの時点で子どもは興味を抱いてくれます。
子どもが心の底から楽しんでくれるような教材を多数用意している点も東進こども英語塾の特徴でしょうね。
みんなが大好きなセサミストリートのキャラクターが映像中に出てくるので、遊び感覚のまま英語に親しむことができ、それが学びに繋がっていきます。

小さな子どもを持つ親御さんの中には、東進こども英語塾に興味を持っている人もいるでしょう。
しかし実際に体験しなくちゃ分からない…自分の子どもに合うのかな?という疑問を感じているケースも多いです。
そういった不安を解消するために用意されているのが、東進こども英語塾の体験レッスンサービスです。
体験レッスンに参加することによって、入会前にお試しができるようになるので、「東進こども英語塾に入るんじゃなかった…」という後悔をする心配もありません。

非常にレベルの高い英語教材を使っているのも大きな特徴でありメリットです。
やはり東進がバックアップしているというのは、すごく大きな魅力だと思います。
子どもが小さいうちから英語に親しませるというのは本当に重要なことですよね。