受験生にとっての予備校選びのポイント、また東進衛星予備校MSGや各予備校の評判について紹介します。

予備校とは?東進衛星予備校msgの魅力

大学を目指す生徒にとって身近な存在でもあるのが予備校です。予備校というと、大学受験に失敗して浪人生活を送る生徒が通うというイメージを持ちがちです。しかし最近は、現役高校生や中学生が学校終わりに通って授業を受けたり、自習室を活用している姿を見かけます。

そもそも予備校といっても、複数の種類に分かれており、進学のために利用するものもあれば、資格取得をするために通う予備校も存在しています。ただし高校生、中学生や浪人生が一般的に通うことになるのは進学用の予備校でしょう。

今では、どの予備校も独自のカリキュラムや指導方法を打ち出しており、そのメリット・デメリット含めて、評判も様々です。以前であれば通える範囲に予備校の校舎がない地方在住の生徒がいてわざわざ校舎の近くに賃貸物件を借りる必要がありました。しかし今は寮を用意しているところも多数あり、より勉強に集中できる環境が作られたわけです。

進学向けの予備校は大学進学に特化しているわけなので、当然一般では知り得ない独自ノウハウや情報などを知っています。予備校に通って勉強することによって、そのノウハウを最大限活用でき、志望する大学への合格に近づくことでしょう。大学選びにも、予備校選びにも共通することがあります。それは、判断基準としてともに口コミなどの評判が影響するということです。

そしてテレビ等のメディアに多数登場している講師陣が直接教えてくれるケースもあるので、分かりやすい授業が期待できます。予備校講師は「教えること」のプロフェッショナルでありますが、「志望大学に合格させる」プロでもあります。

大学受験に失敗した場合、浪人生活を送りますが、予備校に通う生徒もいれば自宅で浪人生活を送る生徒もいるでしょう。合格率を上げるためには予備校に通うべきだといえます。実際に合格まで辿り着いた受験生や、その家族の評判を聞くことが、予備校選びにも大学合格にも非常に有効であると言えます。もちろん、評判だけを全て受け止めてしまうことは自分自身の判断を鈍らせます。あくまで参考にしながら、志望校と自分の現状を照らしあわせて、何が足りないかを把握したうえで選ぶと良いでしょう。

予備校は日本中に数多く存在しており、それぞれ特色が大きく異なります。大人数制を採用しているところもあれば、マンツーマンや少人数制のところもあります。またコース分けも為されていて、目指す大学の難易度別などに分かれていますし、自分が希望する教科だけを受講することも可能です。

他の予備校とはここが違う、東進衛星予備校MSGの魅力とは

東進と言えば今でしょでお馴染みのCMでも有名ですが、株式会社キャリアプランが運営しています。東進衛星予備校MSGの最大の特徴は授業を全てIT化している事で、他の予備校のように通学して校舎で授業を受けなくてもいい事にあります。また集団での授業とは異なり完全個人授業にて学ぶ事ができるので、集中力がつき、より深く理解する事ができます。

選りすぐりの実力講師陣による指導の他オンラインによる採点や確認テストなど、マンツーマン指導による電話やFAXを使用したバックアップサービスも万全で着実に理解力を深める事ができます。1講座を約75,600 円(税込)で受ける事ができますし、高1から受験年までの間に少しずつ座数を増やして受ける事が効率的です。

東進衛星予備校MSGの評判をネットから収集してみた!

全国には様々な予備校がありますが、東進衛星予備校MSGはトップクラスの実力を持つ予備校でしょう。東進衛星予備校MSGをご存じの方も多いのではないかと思います。いくつか高評判のポイントがあるようです。
まず、有名大学の合格実績が多数ある点でしょう。

東進衛星予備校MSGは神奈川県と愛知県を中心に展開している予備校です。神奈川県では横浜・川崎エリアに、愛知県では名古屋エリアに校舎が多数立地しています。いずれも交通利便性がよく、通いやすい点がメリットと言えるでしょう。カリキュラムも充実していますが、東大・医学部コースや難関国私大コースなど、いくつかの専門コースが特徴です。もし難関大学を希望するなら、専門コースも候補になるでしょう。

東進衛星予備校MSGは、受講時間の自由度の高さがポイントで、普段の学校生活との時間調整が効きやすい点がプラスの評判のポイントのようです。当日の飛び込み受講が可能で、再受講や試験対策に先取り授業なども利用できます。スケジュールを組みやすくて、空き時間を有効活用できる点が特徴と言えるでしょう。

また、個別担任制度が設けられており、月に2回ほど個人面談が実施されます。スケジュールの確認、小テストで実力のチェックなどが行われ、志望校の合格に向けたアドバイスをもらえます。一人で悩むことなく、担任と一緒に合格を目指していけるところが他校との違いです。もし受験での悩みがあるなら、個別面談の際に相談することもできます。フォローが手厚い点が生徒の良い評判を得ているのでしょう。

また、生徒だけでなく、保護者と担任の面談もあります。毎月1回報告の電話もあるため、学習内容の進捗などを知りたい場合に有用です。子供の状況が知りたい方にとっては、大きな手助けとなるのではないでしょうか。

また、自宅で学習できるよう、t-PODと呼ばれる専用システムも導入しています。例えば早めに起きて学習したい方、何らかの理由で校舎まで足を運べない場合などに、予備校と同じように学習できる点が魅力です。

東進衛星予備校MSGは多くの特徴を持っています。神奈川県・愛知県にお住まいの方は、候補に入れてみてはいかがでしょうか。無料の体験授業も利用できますので、体験してから決める方法もあります。予備校についての様々な評判がある中で、どういうケースが自分にあてはるのか、確かめる上でもとても有効でしょう。

東進の合格実績

東進合格実績2018

日本で一番の合格実績を持っている東進。さて、2018年度の東進現役合格実績はどうだったのか、詳しく紹介していきます。

東京大学文科のⅠ類からⅢ類ですが313名、理科Ⅰ類からⅢ類は392名、推薦20名で今年の合格者は3083名でした。この数字は、現役とと浪人の人数を合算した数字となっています。

現役合格者のみでみてみると、2081名になります。なんと、2081名の東大合格者の中に東進生が725名含まれています。これは2.9名に1人が東進生が合格、そして東進占有率は34.8%という結果になります。最近の合格者の人数を確認してみると、全体的に伸び前年で言えば73名と史上最高の東大合格者になりました。

次に、早稲田と慶應義塾の合格者数についてみていきましょう。2018年度の早稲田合格人数は2872名、慶應義塾は1761名となりました。もちろん、この数字は現役東進生は含みません。早慶合計すると、4633名。この合格者人数は夏季や冬期のみ講習を受けた生徒が含まず、現役の東進生のみの実績となります。

東大、早慶のみならず他の有名な大学への合格率も右肩上がりになっている東進。これほどの合格者を排出している予備校は、他を探しても見つける事はできません。

ではこの合格実績の数字は、どのように算出されているのでしょうか。その仕組み、方法について紹介していきます。

①基準は現役生のみ

東進では高校3年生の時点で、東進に在籍をしている生徒のみの数字で合格者の実績を算出しています。東進以外の予備校の中には、3年生の時には在籍していなかったけど、1年、2年と在籍していたので実績数に入れると言った方法を取り入れているところもあります。

②講習生は含まない

短期講習のみを受けた、模試を受講したなど場合でも合格実績に含む予備くがあります。東進では、通常授業を受け指導をしたと認識している生徒のみを対象にしています。

③3月31日で締め切る

一般的な予備校の場合、秋以降にその年の合格実績を公表しますが東進では3月31日で締め切ります。これができる理由として、東進生は一緒になって勉強をしてきた講師の先生にいち早く合格を伝えたいという気持ちが強いからです。信頼関係を受験というもので築き上げている証拠でしょう。

東進では、生徒一人ひとりが持っている才能を最大限に引き出せるように、講師も一緒に受験を受ける気持ちで指導をしています。更に、環境づくりにも力をいれており常にリラックスした状態で勉強へ取り組めるような状況を作り上げています。

こういった、生徒に寄り添った指導をしているからこそ、驚異の合格実績を出せているのでしょう。信頼関係、努力、環境、講師の質など様々な点が優れている東進が行っている生徒への指導は、今後も飛躍していくと言えます。

東進衛星予備校MSGの夏季特別講習について

ELLY_DSC8856_TP_V

今後も受験生にとって予備校は欠かせない存在であり続けるでしょう。受験生にとって一番重要なタイミングというのは、どの時期でしょうか?試験前はもちろんですが、実は夏が一番重要です。学校の授業がなくなる夏休み期間にどれだけ自分の力を付けることができるか。

なかなか普段では差がつかないライバルとの差をつけるのも、夏だといわれています。受験のことわざには、夏を制するものが受験を制するという言葉さえあります。誘惑も多く、遊びたくなる夏という季節ですが、こういうときこそしっかりと学習し、受験に向けた自分の勉強スタイルを確立できるようにしましょう。

受験生の皆さんは、すでに塾や予備校に通われていたり、さまざまな形で学習をされているかと思います。しかし、ここでは東進ハイスクールの夏期講習に的を絞って、どのような講習が行われているのか見ていくことにしましょう。数多くの難関大学合格者を生み出してきた東進ハイスクールの夏期講習を研究することによって、何かしら得るものがありそうです。

東進ハイスクールの夏期講習を見てみると、なんと夏季限定で特別招待講習とし、無料で夏期講習を受けることのできるカリキュラムが用意されていることがわかりました。高校1年生、高校2年生向け、そしてなんと高校レベルの学習を希望する中学3年生にも、夏期講習を開放しているようなのです。東進ハイスクールでは、こうした中学3年生を高校0年生と表記しており、前倒しでどんどん学習していくことの重要性を強調していますね。

さて、無料で受けることのできる講習と言っても、その内容が薄かったり、実践的でないものであれば、かえって貴重な夏の時間を無駄にしてしまうことにもなりかねません。この特別講習のカリキュラム、講座内容はどのようなものなのでしょうか?講座一覧を見ると、なんと54講座の中から選べるということで、英語、数学、国語、理科、地歴公民と、幅広いジャンルの中から苦手をつぶし、得意な分野を伸ばす講習が受けられるようです。

CMでもよく放送されている東進ハイスクールの講座内容って、なんかハイレベルで、初心者にとっては難しそう…そんな印象を受ける人も多いと思います。東大や京大など難関大学への受験を希望する高校生向けの授業では、確かにハイレベルな内容に踏み込むこともあるため、何も下地がない段階で学んだとしてもそれを飲み込むことはできないでしょう。

しかし、この講座一覧の中には、偏差値をアップさせるための入門的な内容が中心の基礎授業から、東大合格レベルまで、それぞれの受講者のスキルやレベルに応じた講座内容の組み立てになっているようです。もちろん質問や相談なども受け付けているようなので、初心者であったとしても安心して講座を受講することができるでしょう。

では、なぜこのようにレベルの高い夏期講習を無料で受けることができるのでしょうか?これは、なるべく早い段階から多くの高校生に受験を意識してもらい、早めの準備と対策でしっかりと合格してほしい、という思いからです。受講料が足かせとなって夏期講習になかなか踏み切れない高校生もたくさんいます。受験のことは高校3年生になってから準備すればいい、と思っている人もいるでしょう。しかし、先述のように、受験は早めの準備こそ、何よりも重要なものなのです。

東進ハイスクールはその授業のレベルの高さと、継続しやすいプランによって、多くの受験生に支持されている予備校です。もし一回受けてみて、自分と合うようであれば夏期以降も継続すればいいですし、もし合わないようであっても無料で受けることはメリットしかありません。一度お試し、という感覚で夏期特別招待講習を受講して、まだ遊んでいるほかのライバルに差をつけてみてはどうでしょうか?

東進の過去問データベースがすごい

PAK12_10naname_TP_V

難関大学の受験を突破するには、やはり過去問に熟知していることが必要になります。もちろん毎年問題文は変わりますが、大まかな方向性や難易度に関してはそう変わらないことも多く、むしろ問題を作る際のクセなどは大学ごとに違いがあったりするため、合格したい大学の過去問を研究することこそ、その大学に入学するための最大の近道でもあるのです。

もちろん受験生もそうした状況はわかっており、書店などに行けば「赤本」と呼ばれる、大学ごとの過去問がまとめられている問題集も販売されていますし、多くの受験生は過去問を何度もすることで知識の定着を図ろうとしています。しかし、ただやみくもに過去問を解いたところで、しっかりと研究をしなければ得点力に結びつかない、ということはご存知でしょうか?

今日は過去問を何度やった、受験までに何度しよう、というように、ただ回数を「こなす」ことが目標になっているようでは、その時答え合わせした際には分かっているかもしれませんが、その知識が定着しているとは言えないのです。本当に過去問を活用したいと思うのならば、きちんと体系だてて整理されているデータベースを活用するのが良いでしょう。

とはいえ、市販されている紙ベースの過去問集ではそこまでの分析は難しいですし、過去数年分しか情報が記載されていないということも珍しくありません。そんなときは、東進ハイスクールの大学入試問題過去問データベースの活用をお勧めします。このデータベースは無料で利用できるデータベースとしては、おそらく日本一といってもいいでしょう。難関国公立大学や有名私立大学など、全部で185大学の過去問を無料で閲覧できるのです。もちろん、その年数も幅広く、大学過去問は、大学によっても違いはありますが最大22年分。

そのほか、センター試験についても22年分閲覧することができるようです。過去22年間にも及ぶ過去問をしっかりと研究し、といていくことによって、さらに当該科目への知識の理解、定着が促進されることでしょう。試しに、東京大学の過去問を見てみたいと思います。数学・英語などのメジャー科目だけではなく、その他の科目についてもしっかりと過去問を網羅。本当に受験をしているような感覚で過去問を解いていくことができるため、非常に使えるものとなっています。

また、過去のデータベースというだけではなく、その年に行われた最新の試験データも蓄積。なんと試験日翌日から解答速報も記載されるということで、高校1年生、高校2年生にとっても、将来の自分の受験をイメージするうえで大変有意義なものでしょう。

このデータベースは会員登録やユーザーIDが必要になりますが、無料で利用できるというのが何よりも素晴らしいポイントです。普通に書店で購入する際は、特定の大学のみ、そして数年間だけのものであったとしても、結構な値段がしてしまうことがあります。完全無料だからこそ、さまざまな大学同士を比較したりすることもできますし、自分の好きなようにこのデータを使うことができますね。

もちろん、過去問の演習だけではなくて、基本的なところは講義を受けたり自主学習を行うこともとても重要です。東進ハイスクールでは各種体験講座や招待講座なども用意しているようなので、独学で進めている受験者も、少しのぞいてみるといいかもしれませんよ。

いずれにせよ、大学受験のチャンスは少なく、そこが人生の大きな分かれ目になることも珍しくありません。悔いの残らない大学受験を行って、そして悔いの残らない人生を送れるように、早めに手を打てること&利用できることはしっかりと把握して準備するようにしましょうね。

分かりやすさが圧倒的!東進衛星予備校MSGの評判とは,,,,

志望校に合格できました

このままでは志望大学に合格できるかどうかスレスレだと言われ、東進衛星予備校MSGに入学しました。私はどちからというと、マイペースな性格なので時間に追われて毎日テスト漬けになるのは嫌だなと内心思っていました。
しかし、意外にも授業は楽しくて、高速学習も慣れてしまうと集中力が増して勉強するのが面白いものになっていました。

そのため、通うのが嫌だという気持ちになったことは殆どありませんでした。苦手だった数学も過去問を繰り返し解くことで、好きな科目になりました。
柔道部での部活動と並行していたにも関わらず、ちょっとした空き時間にアプリで勉強してモチベーションを保つことができました。

志望校対策もしっかり行うことができたので、無事に合格することができました。

何と言っても東進衛星予備校の良いところは一流講師陣の授業が受講できるという大きなメリットだと思います。
しっかり仕切られたブースで自分のニーズに合った授業内容が受講できるので大教室で自分の位置を見失ってしまうような学生には、特に学習しやすい形態です。
衛星予備校と言うことなのでわざわざ東京本校に通わなくても質の良い授業が受けられるのはすごいことだと思います。

自分のペースで学習できるので、学習の取りこぼしがありません。また担任が月に2回も個別面談を行ってくれるので、
その時その時の問題点や学習プランニングなどをきっちりとして軌道修正してもらえるので常にモチベーション維持にも繋がりました。おかげで現役合格を突破できて大感謝です。

東進には高2からお世話になっていました。駅から近いというロケーションの良さもあり地元では人気の予備校ということが決め手となり申し込みをしました。
先生が担任制になっているので一人一人の生徒の学習内容や問題点などをしっかり把握したうえで的確なアドバイスをくれるので弱点補強のための学習方法の
指導をしてくれるため志望校合格へ道しるべをしっかり示してもらえて非常に役立ちました。

学習室は防音がしっかりしているので学習に集中しやすい環境が整っているので気が散りやすい私にはぴったりの予備校でした。
難関大学コースや、理系難関コースなど志望校に合わせたオーダーメイドの授業が受けられるので効率的に受験学習を進めることができ第一志望校に無事合格することができました。

大学受験では東進衛星予備校MSGに通って本当によかったと思っています。東進の講師の分かりやすさは圧倒的です。
どの講師も生徒にとって分かりにくいポイントや、効率よく吸収させるノウハウや、興味を引かせるところなどをとても的確に心得ていて、
授業を受けてみて質問したいと思ったことはありませんでした。

一般的なレベルの大学はもちろん、難関国私大専門コースもあるので、自分のレベルに合った勉強ができて志望校に行くことができました。

東進衛星予備校MSGはカリキュラムや時間割制度が充実していて、
自分で講座を進めていくタイプの予備校なので柔軟に設定ができて、とても満足度が高い予備校でした。

それにテレビで見かける講師も在籍していて、選りすぐりの講師陣が実力者ぞろいです。
そのため、熱意のあふれる質の高い授業を受けながら学習できました。

志望している大学を目指すための予備校はたくさんありますが、
東進衛星予備校MSGはその中でも高いレベルにあるので合格に一気に近づくことができました。

好きな時に一流講師の授業が受けられる

東進衛星予備校MSGを選んだ理由、それは一流と言われるレベルの先生の授業が受けられる事でした。
普通なら、都心に行かないと受けられないような先生の授業を好きな時に受けられる。
しかも、わからない部分は繰り返し受講する事が出来ます。

やはり一流と呼ばれる先生の授業は頭に入りやすく、効率よく学力を上げる事が出来ます。
「なるほど」と目から鱗な事が多かったです。

質の高い授業を自分のスケジュールに合わせて受けられたので、無駄な時間がありませんでした。
近所の大手の予備校と迷いましたが、東進衛星予備校MSGにして良かったです。

東進衛星予備校MSGにて苦手な化学と英語を受講しました

高校1年の終わりころに、通っていた学習塾に勧められて東進の受講を2年間受けました。
塾にいながらパソコンで東進の有名塾の講師陣の授業を受けられるというものです。

私の行っていた塾は大きな組織の塾でしたが、田舎なので大学受験を控えた高校生に対応する講師に充実していませんでした。その為、東進で補講をしているという感じだったのではないかと思います。東進は「今でしょ」の林先生をはじめ優秀で有名な講師が沢山います。同じ化学でも、沢山の講師がいるので自分の気に入った講師を選ぶ事が出来ます。

冬休みに無料体験があったので、自分の気になる講師や授業を受けてみて気に入った授業を選ぶ事が出来ました。実際に授業を見てみると、変な癖や言い回しがある講師だったり、自分にとって分かりにくかったりと相性があるので、東進を受ける際には必ず無料体験を受けてから申し込みをした方が良いと思います。

授業を受けての感想ですが、英語の成績はたしかに上がりました。しかし、苦手な化学は次第に受けるのも嫌になって途中で受けるのをやめてしまいました。
苦手なものは、どうやっても肌に合わず高額な授業料を無駄にして家族に申し訳ないことをしました。1年の終わりの頃は、具体的な大学進学を決めていませんでしたし、もちろん受験科目も決まらなかったのでこういった無駄が出てしまったのだと反省しています。

高額な東進衛星予備校ですので、自分の進路や受験科目をしっかり明確にしてから受講されることをお勧めします。

たくさんの授業を受けたい東進衛星予備校MSG!!

高校2年生の夏休みに母に勧められて始めました。まず無料体験を受講してから、受講する科目を決めました。私の場合は私立の受験をしようと決まっていましたので、英語と日本史を受講していました。

私の行っていた塾は大学受験に対応できる教師がいなかった為、高校3年生はすべての生徒が東進MSGを受講することが決まっていました。東進MSGは有名な講師陣もそろっていてとても魅力的でしたので、違う予備校にも通いながら東進MSGを受けていました。

東進MSGは1つの教科でも、沢山の講師陣がいますし、レベル別に複数の授業があります。全部の授業数は100以上あり、どれを選ぶか迷うほどでした。授業料はだいたいですが、入会金が3万~4万、1つの科目ではなく、1つの授業が20コマで7万5千円ぐらいだったと記憶しています。

私は2つの授業を受けたので20万円近くを支払ったのを覚えています。

例えば英語のA先生の文法をとり、英語のB先生の長文読解をとると授業料は15万円になります。同じ授業を受けられるのは半年だけです。半年後は新しい授業をとる為、また料金を支払わなければなりません。
私の場合、この高額な授業料を払いきれず1年で終わりにしました。

でも、東大受験を目指すような友人は、おじいちゃんに100万円以上支払ってもらって複数の授業を受けさせてもらっていました。それだけ東進MSGの授業内容と講師陣は素晴らしいのだと思います。

最新記事

  • 高校生にとって勉強と同等、あるいはそれ以上に大切なものが部活です。仲間と共に青春のすべてをかける部活は高校生にとって無くてはならないものであり、その重要性を知っている保護者の立場としても「部活は程々にして勉強をしなさい」 …

    東進衛星予備校MSGでは、部活との両立が可能

  • 東進では大学受験や今後の進路で悩んでいる学生を対象に、独自の個別面談を実施しています。 東進オリジナルのカウンセリングサービスで、今後のことで悩んでいる学生はもちろんのこと、親も一緒に参加できるのが大きな特徴となっていま …

    東進の個別面談とは?

  • 学習参考書の出版社としても長い実績のある学研といえば、社会人の方の中にも「学研の教材を利用したことのある」という方も多いのではないでしょうか。今回は、その学研が運営している「学研CAIスクール」について色々紹介してみよう …

    学研CAIスクールの口コミ評判はどうか?強みや特徴とは